衣装選びで迷ったらどうする?一番簡単な方法とは!


衣装選びは迷いがちなポイント

結婚式での衣装をどうするかは多くのカップルが悩んでいるところで、本当に期限ぎりぎりまで決められずにいることもあります。候補がたくさんあって悩んでしまう場合が多いですが、本当に困ったときにはどうやって選んだら良いのでしょうか。

スタンダードなのを選ぶのは楽

最も簡単で楽なのはスタンダードな衣装を選んでしまう方法です。結婚式では男性はタキシード、女性は白のウェディングドレスにしてしまいましょう。披露宴でも最初はそのままの姿で登場し、衣装替えをするときにも色違いのタキシードやドレスで仕上げてしまうと簡単です。こだわりがないのであれば衣装替えはしなくても良いので、そのために時間を費やすよりも披露宴をもっと楽しめるようにしたいというのも一興でしょう。

結婚式場で実物を見て決めよう

やはりこだわりを持って結婚式の衣装を決めたいというのであれば、結婚式場に行って実物を見てみましょう。カタログで決めるように言われてしまう場合もありますが、実物を見たり着たりしてみなければ実感が湧かないのも確かです。結婚式場で衣装を持っているのであれば相談してみれば見せてくれるでしょう。外部業者からレンタルをしている場合にはその場では見られないですが、交渉してみると何着かであればレンタルして見せてくれることもあります。どうしても決められなくて困っているというときには結婚式場の担当者に連絡して事情を説明し、実物を見て決めたいから手配して欲しいということを率直に伝えてみるようにしましょう。

かつては派手婚と言われた名古屋の結婚式場ですが、時代の変化とともに派手さよりも内容の充実に力を入れています。